top > 規約
ようこそようこそゲストさん 
  
   

ポイント会員

プレミアムゴルフ倶楽部が運営するオンラインショップでお買い物をして頂く場合には、無料のポイント会員登録が必要となります。 もちろん、入会金や年会費はいっさいかかりません。
商品ご購入の際にポイントが発生し、発生したポイントは1ポイント=1円分とし、翌日以降の次回お買い物時にご利用して頂けます。また、ご不要なクラブのご売却の際にもポイントが発生致しますので、売っても買ってもポイントが貯まる大変お得なシステムです。
なお、店頭でも同様のサービスが受けられます。

【店頭でご購入の場合】

・現金でご購入の場合  お支払い合計金額の5%

・クレジットカードでご購入の場合  ポイントは発生しません。

・クラブのご売却(買取) お支払い合計金額の5%
更にお得な下取りサービスもあります!

【通信でご購入の場合】

・代引き(現金)でご購入の場合 お支払い合計金額の5%

・代引き(クレジットカード)でご購入の場合 ポイントは発生しません

・銀行振込みでご購入の場合 お支払い合計金額の5%

・クレジットカードでご購入の場合 ポイントは発生しません

・クラブのご売却(買取)の場合 ご売却金額の5%
更にお得な下取りサービスもあります!

※発生したポイントは、翌日からご利用可能となります。

ご利用規約

第1条 総則 本規約は、株式会社イーエム・ラボ(以下「当社」といいます。)が運営するWEBサイト「プレミアムゴルフ倶楽部」(以下「当サイト」といいます。)をご利用いただく際の会員と当社間の一切の関係に適用されます。
第2条 会員の定義 会員の定義とは所定の登録方法により会員登録をしていただいた方をいいます。尚、インターネットにて新規登録を行う場合、登録告知のメールが正しく送信されない際には会員登録を無効とします。
第3条  会員規約の変更 当社は会員の承諾を得ることなく、本規約を変更および別途追加できるものとし、本規約を変更または追加した場合には、当サイトに関わる一切の事項は変更・追加後の規定とします。
第4条 会員の登録情報について 会員は、当サイトの利用に際し、会員本人のID、パスワード、メールアドレスおよび個人情報について、会員自身の責任において登録・管理して第三者に譲渡、貸与などを行わないものとします。 また、会員ID、パスワード、メールアドレスおよび個人情報を入力した装置の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用などによる損害の責任は、会員が負うものとし、当社は一切責任を負わないものとする。
第5条 会員登録情報の利用について 当社は、会員が登録した情報について、以下の項目に該当する場合を除き、これらの情報を利用または開示しないものとします。
?統計した情報のみを開示して、会員の個人情報を表示しない場合。
?会員から寄せられた情報を会員の個人情報を表示せずに開示する場合。
?会員が個人情報の開示について同意している場合。
?法的効力のある要求があった場合。
?当社で扱う商品またはサービスのご案内や情報提供(DM・電子メールなど)を行う場合。
?その他の正当な理由がある場合。
第6条 会員の義務 1、会員は当サイトの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。
?他の会員、第三者もしくは当社の著作権、財産、プライバシー、不利益または損害を与える行為、および与える恐れのある行為。
?犯罪的行為、またはその恐れのある行為。
?当サイトの運営を妨げるような行為。
?店舗または当社の企業活動の運営を妨げるような行為。
?その他、当社が不適切と判断する行為。
2、上記の各項に該当する会員の行為によって当社および第三者に損害が生じた場合、会員の資格を喪失した後であっても、かかる損害を賠償し、すべての法的責任を負うものとします。
第7条 サービスの中止・中断について 当社は天災、その他の非常事態、または当社の設置する電気通信設備の障害、その他やむを得ない事由、または当社の都合によって、会員に事前に通知することなく当サイトの提供の全部または一部を停止または中止をすることができる。 当社はそれに基づく当サイトの停止または中止によって生じた会員の損害については一切その責任を負わないものとします。
第8条 免責事項について 当社は当サイトのすべての内容・情報について、いかなる保証も致しません。万が一記載内容に誤りがあっても当社は一切責任を負わないものとします。 また、当サイトを通じて登録、提供される情報の流出もしくは消失など、または当サイトに関連して発生した会員の損害について当社は本規約により明示的に定めたこと以外は一切責任を負わないものとします。
第9条 準拠法 本規約に関する準拠法は日本法とします。
第10条 管轄裁判所 ???ニ当社との間で問題が生じ、協議によって解決できない場合には、東京地方裁判所を専属管轄裁判所とします。